Bloodivores(ブラッディヴォーレス)

かつて世界的に蔓延し殺人など凶悪犯罪の温床となっていた「不眠症」の治療法として新薬が開発され、その流行が収まる代わりに新薬の副作用によって「嗜血種(しけつしゅ)」と呼ばれる吸血人種が作り出される。やがて人類は嗜血種との間で起こった戦争に勝利し、新設した「国安部特管局」の管理下に置く事に成功する。

リュウは人類と嗜血種との間に生まれた子だったが、銀行襲撃事件の主犯格として逮捕・拘置され、「青里(あおり)」にある特殊刑務所に送られる。国安部特管局のリーダーでもある父の手引きで脱獄に成功した弥琉だったが、そこへ謎のモンスターが襲い掛かる。(Wikipediaより)