最弱無敗の神装機竜

滅亡したアーカディア帝国の元王子であるルクスはある日、事故で王立士官学園女子寮の大浴場に飛び込み、アティスマータ新王国の王女であるリーズシャルテを押し倒してしまう。彼女の怒りを買ったルクスは装甲機竜での決闘を挑まれる。装甲機竜、それは世界に七つ発見された遺跡から発掘された古代兵器、伝説の竜を模した機械装甲である。「無敗の最弱」と呼ばれる機竜使いのルクスはその決闘で実力を示したことで今度は一転してリーズシャルテに気に入られ、貴族子女ばかりが通う王立士官学園に編入することになる。(Wikipediaより)