クラシカロイド

ここは音楽で町おこしを掲げる、ある地方都市。普通の高校生として日々を過ごす音羽歌苗と神楽奏助は、ある事がキッカケで自らをベートーヴェン、モーツァルトと称する妙な二人組と出会う。彼らがタクトを振るい、何処からとも無く聴こえる曲の数々は確かに「あの名曲」だが、その曲が響き渡ると数々の超常現象が起こってしまうのだ。

実は彼らはクラシカロイドと呼ばれる存在で、彼らが演奏する曲にはムジークと呼ばれる超パワーが宿っていたのだ。それからというもの、歌苗と奏助の前には、数々のクラシカロイドが登場、彼らの住む町は毎日が大騒ぎの連続である。

それにしてもクラシカロイドとは一体何者なのか?彼らは何のために生まれてきたのだろうか。(Wikipediaより)