この素晴らしい世界に祝福を!

不慮の事故で命を落とした青年の佐藤和真(さとう かずま)は、天界でアクアと名乗る女神に異世界への転移を持ちかけられる。和真を味噌っカスに馬鹿にしながら「異世界に1つだけ何かを持っていける」と言うアクアに対して和真は激怒し、アクアを「異世界に持っていく"もの"」として指定する。こうして、アクアを連れて異世界「アクセルの街」に降り立った和真は冒険者になると、めぐみんとダクネスを仲間に加えて冒険者稼業を行い、彼女らの行動に振り回される日々を送っていた。しかし、エスカレートする一方で留まるところを知らない彼女らの問題行動は、魔王軍(日本で言う広域指定暴力団のような組織)とのトラブルや、悪徳領主との金の殴り合いなどさまざまな波乱に和真を巻き込んでいく。(Wikipediaより)