第3話「お待たせしました、レディ」